更新情報・・・

2022.03.28 【令和4年3月号・市政報告】安全・安心を実感できる横浜へ、人命救助のエキスパート「横浜市消防局 特別高度救助部隊」
2021.09.27 安心・安全への施策 探訪 vol2 ~災害時の応急給水~
2021.09.23 次代を見据えた 都市経営 Vol2 ~ 民間と行政の協働による 新たな財源確保 ~
2021.05.01 【令和3年5月号・市政報告】21年度予算は、感染症対策強化と経済再生の両立を最優先、2405億円をコロナウイルス対策に計上
2021.02.21 安心・安全への施策 探訪 vol1 横浜市新議事堂 紹介
2021.02.01 次代を見据えた 都市経営 Vol1 ~民活による、関内地区周辺のまちづくり~
2020.11.01 【令和2年11月号・市政報告】アフターコロナを見据えて横浜の「医療と経済」を問う
2020.06.01 【令和2年6月号・市政報告】新型コロナウイルス感染症対策に、なぜ横浜市はもっと早く対策を取らなかったのか
2020.04.01 【令和2年4月号・市政報告】「令和2年度横浜市予算」について
2019.11.01 【令和元年11月号・市政報告】横浜市は「災害救助実施市」として、市民の安心・安全へ向けて検証を
2019.06.01 【令和元年6月号・市政報告】「安心・安全」住み続けられるまちづくり
2018.06.01 【平成30年6月号・市政報告】市会「常任委員会」「特別委員会」の活動
2018.02.01 【平成30年2月号・市政報告】大規模災害時の救助権限を、神奈川県から横浜市へ
安心・安全な生活を
誰もが住み続けたい神奈川区へ
責務は安全

市会は、市民から選ばれた議員で構成される市民自治の要です。議員と市長はそれぞれ直接選挙で選ばれ、「議決機関(市会)」と「執行機関(市長)」による二元代表制で、相互に独立・対等の立場で市政を運営しています。
議員は、市民の代表として市民が安心して暮らしていけるよう市民の多様なニーズを把握して市政を運営する責務があります。

■ 経 歴

1956年神奈川区六角橋生れ

1969年神大寺小学校卒

1972年六角橋中学校卒

1975年日本大学高等学校卒

1978年日本大学短期大学部卒

2013年横浜市会議員初当選 現3期

■ 現 在

2021年度神奈川県後期高齢者医療広域連合議会 議員
温暖化対策・環境創造・資源循環委員会 副委員長
大都市行財政制度特別委員会
神奈川交通安全協会 副会長
六角橋西町自治協力会 理事
日本大学校友会神奈川県支部 常任幹事

安心・安全な生活へ市政と国政は連携
小松のりあき
政務活動事務所
〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋2-5-24
TEL 045-491-7515
FAX 045-491-7514